妊娠中の食生活最新の記事

食事はバランスよく

妊娠中はつわりなどもあり、食生活が乱れがちになります。またお腹の赤ちゃんの成長にともなって急に食欲がでたりします。妊娠中は母体の保護とお腹の赤ちゃんのために健康的な食生活をおくりたいものです。

妊娠中に太る方が多いようです。母体に負担をかける妊娠中の必要以上の体重の増えすぎは、妊娠中毒症を誘発する場合があります。

おなかの赤ちゃんや羊水、母体につく皮下脂肪など、妊娠中は体重が増えることが正常ですが、これが正常値を越えると、母子両方の身体に負担をかけることになります。妊婦になると体重の増加には、気をつけなければなりません。

まず、規則的な食生活を心がけることが重要です。朝ご飯を抜いたり、夜寝る前にご飯を食べているようでは体重が増えるばかりか、おなかの中の赤ちゃんの健康にも影響します。1日3回きちんととり、1日30品目を目標に献立を考えてください。妊娠中はつい億劫になりインスタント食品に任せてしまうこともあるようですが、やはり品目を考えて手作りしましょう。

妊娠中に積極的にとりたい栄養素は、鉄分、カルシウム、良質のたんぱく質など。また、ビタミンやミネラルのバランスも大切ですので食材を選んで献立を考えましょう。

 

 七田式幼児教育  シュタイナー教育  旅行節約術

妊娠中の食生活について

妊娠中はつわりなどもあり、食生活が乱れがちになります。またお腹の赤ちゃんの成長にともなって急に食欲がでたりします。妊娠中は母体の保護とお腹の赤ちゃんのために健康的な食生活をおくりたいものです。
カテゴリー
更新履歴
食事はバランスよく(2009年10月25日)
妊娠中の貧血にご用心(2009年10月25日)
葉酸の摂取を(2009年10月25日)
気をつけよう!妊娠中の食べ物(2009年10月25日)